簿記の基礎知識;基本用語~さ行の続き

Posted by NOBU | 基本用語, 簿記の基本, 簿記の授業, 簿記の勉強 | 月曜日 13 9月 2010 11:56:04

今回は前回に引き続き簿記で使用される簿記の基本用語の解説です。簿記を勉強するにあたって覚えておきたい簿記の用語を中心にご紹介しています。基本的に読めばわかる簿記の用語は除くようにしますが、一般的に使用される言葉と意味が違う場合には、簡単な解説を入れておきます。

【さ行】
[資産(しさん)]
現金、商品、土地建物などの”有形資産”と、債権などの”無形資産”があります。

[資本(しほん)]
資産とよく似た言葉なので混乱していまいがちですが、『資本』とは資産の総額から”負債”の総額を差引いた差額をいい、企業活動の元手となるものです。

[収益(しゅうえき)]
事業の結果として得た収入のこと。具体的には、売上、受取手数料、受取利息などが当ります。ちなみに、「収益」から「費用」を差し引いたものが『利益』になります。

[仕訳(しわけ)]
日々行われる「取引」を勘定科目に振り分けること。

[総勘定元帳(そうかんじょうもとちょう)]
取引の記録に必要なすべての勘定口座をひとつにまとめて記録する主要簿のこと。

[租税公課(そぜいこうか)]
「固定資産税」、「印紙税」などの国税や地方税(租税)と、住民票の発行手数料など公共機関にかかる手数料(公課)を総称する費用を表す用語。

[損益計算書(そんえきけいさんしょ;P/L)]
一般的には”P/L”と呼ばれる、財務諸表の一つのこと。一会計期間における経営成績を明確にするために、収益、費用、純利益または純損失を記載し、株主などのステークホルダー(利害関係者)に示す計算書です。

簿記の基礎知識;基本用語~さ行

Posted by NOBU | 基本用語, 簿記の基本, 簿記の授業 | 木曜日 5 8月 2010 11:11:20

今回は簿記で使用される簿記の基本用語の解説です。簿記を勉強するにあたって覚えておきたい簿記の用語を中心にご紹介していきます。基本的に読めばわかる簿記の用語は除くようにしますが、一般的に使用される言葉と意味が違う場合には、簡単な解説を入れておきます。

【さ行】
[債権(さいけん)]
債権は、お金を貸した側が借り手に対して貸したお金の返済を請求する『権利』のこと。

[債務(さいむ)]
債務は、お金を借りた人が貸してもらった相手に対して借りたお金を返済をする『義務』のこと。

[財務諸表(ざいむしょひょう)]
決算で作成される『決算書類』のことで、「貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)」、「損益計算書(そんえきけいさんしょ)」の他、「株主資本等変動計算書」、「附属明細表」などがありますが、簿記3級では「貸借対照表」と「損益計算書」のこと。

[三伝票制(さんでんぴょうせい)]
伝票式会計において、全ての取引きを「入金伝票」、「出金伝票」、「振替伝票」の3種類の伝票に記録する方法のこと。入金伝票は現金の入金のときだけに使用、出金伝票は現金の出金のときだけに使用、振替伝票は入金取引・出金取引以外の取引きに使用します。

[仕入勘定(しいれかんじょう)]
商品を仕入れた時に記録する勘定。

[仕入帳(しいれちょう)]
商品売買の”仕入取引”があった場合、その内訳、明細を記録する補助簿のこと。

[時価(じか)]
市場で取引される価格のこと。対して、会計帳簿で把握している価額を『簿価(ぼか)』といいます。

雑感;簿記を勉強して思うこと

Posted by NOBU | 簿記の基本, 簿記の勉強 | 木曜日 22 7月 2010 10:46:15

簿記の勉強をするようになってイロイロ思うことがあるので、書いてみたいと思います。

簿記を勉強する前は会社の経営や会社のお金の流れについてあまり興味もなく、それ故知らないことばかりでした。しかし、簿記を勉強して、会社のお金の流れや取引の種類についてわかるようになってくると経営や財務ということが少しづつ見えるようになってきました。

簿記がそのきっかけを作ってくれたんだと思います。

簿記を勉強して決算書の中味が読めてくるようになると株や経済についても興味が出てきて随分と新聞を読む姿勢が変わってきたように思います。決算書についても、例えば、資産に占める借金の額が大きいけど収益も大きい会社とか、無借金経営だけど、商いが小さい会社とか、随分と詳しく見れるようになったのも簿記を勉強したおかげです。

借金についても昔は出来ればしない方がいいと思ってましたが、例えば利益率が変わらないのであれば商いを大きくすることで利益が大きくなります。そこで借金の利子と利益を比べて利益が勝るようなら借金して商売を大きくするのもアリかな、とか。

簿記を勉強するまでは全然そんな風に考えたことはなかったです。やっぱり、簿記を勉強したからこんな風に考えられるようになったんだなぁと思うこの頃。簿記の勉強はまだまだ続けていく予定ですが、最近の簿記の勉強に思うところを書いてみました。簿記は地味な勉強だと思われるかもしれませんが、勉強してみるとさまざまな分野に応用が効くのでいいと思いますよ!

簿記の基礎知識;基本用語~か行の続き

Posted by NOBU | 基本用語 | 木曜日 3 6月 2010 10:27:49

今回も簿記で使用される基本用語の解説です。簿記を勉強するにあたって覚えておきたい用語を中心にご紹介していきます。基本的に読めばわかる用語は除くようにしますが、一般的に使用される言葉と意味が違う場合には、解説を入れておきます。しっかりと簿記の用語を学んでいきましょう。もちろん、税務調査にも役立つ用語ですよ!

【か行】
[決算(けっさん)]
会計期間中の経営成績と財政状態を明らかにするために、貸借対照表(B/S)と損益計算書(P/L)を作成すること。

[減価償却(げんかしょうきゃく)]
建物や自動車、機械・設備等は一般的に高額で長期にわたって使用可能です。減価償却とは、こうした設備などの投資を行った場合に、その取得にかかった費用を資産として計上、その効果が及ぶ期間にわたってその費用(減価償却費)を配分する会計処理のこと。

[現金化不足勘定(げんきんかふそくかんじょう)]
現金取引は頻繁に行われるため、帳簿残高と実際有高が一致しないケースは少なくありません。そうした場合に、一時的に帳簿残高に合わせるために用いる勘定科目のこと。現金化不足の原因が判明した場合には正しい勘定に振り替えます。

[五伝票制(ごでんぴょうせい)]
伝票式会計においてすべての取引を、「入金伝票」、「出金伝票」、「売上伝票」、「仕入伝票」、「振替伝票」の5種類の伝票に記録する方法。対して、「入金伝票」、「出金伝票」、「振替伝票」の3種類の伝票を使用するのが『三伝票制』です。

簿記の基礎知識;基本用語~か行

Posted by NOBU | 簿記の勉強 | 月曜日 17 5月 2010 9:59:36

前回に続いて簿記で使用される基本用語の解説です。簿記を勉強するにあたって覚えておきたい用語を中心にご紹介していきます。基本的に読めばわかる用語は除くようにしますが、一般的に使用される言葉と意味が違う場合には、解説を入れておきます。

【か行】
[買掛金(かいかけきん)]
仕入先から仕入れた商品などの代金の未払いの債務のこと。

[会計期間(かいけいきかん)]
企業の財政状態や経営成績を計算する為に人為的に設ける一定期間のこと。通常は1年間で、1月~12月、4月~翌3月が一般的。

[貸倒引当金(かしだおれひきあてきん)]
受取手形、売掛金、貸付金などの金銭債権に対して貸倒れによる債権回収不能額を見積もり費用計上する際の引当金のこと。

[貸付金(かしつけきん)]
企業が取引先や関係会社、あるいは自社の役員や従業員などに対して貸し付けた金銭に使用する勘定のこと。

[借入金(かりいれきん)]
企業が取引先や関係会社、あるいは銀行より借り入れた金銭に使用する勘定のこと。

[仮受金(かりうけきん)]
現金などを受け取った際に、それを記録する勘定科目や金額が確定していない場合、一時的に記録する勘定科目のこと。

[仮払金(かりばらいきん)]
現金などを支払った際に、それを記録する勘定科目や金額が確定していない場合、一時的に記録する勘定科目のこと。

[為替手形(かわせてがた)]
振出人(手形の作成者)が、手形を引き受ける名宛人に対し、特定の期日に特定の金額を、受取人に支払うことを委託した手形のこと。

簿記の基礎知識;基本用語~あ行

Posted by NOBU | 簿記の勉強 | 火曜日 13 4月 2010 10:22:59

今回の簿記の基礎知識は簿記で使用される基本用語の解説です。簿記を勉強するにあたって覚えておきたい用語を中心にご紹介していきます。基本的に読めばわかる用語は除くようにしますが、一般的に使用される言葉と意味が違う場合には、解説を入れておきます。

【あ行】
[粗利益(あらりえき)]
売上高から売上原価を差し引いた利益のこと(=売上総利益)。粗利益から諸費用を引くと”純利益”になります。

[インプレストシステム]
小口現金の管理方法の一つで、定額資金前渡制ともいいます。葉書や切手など少額の支払いに充てるため、あらかじめ一定期間の支払予定金額を見積もり、小口現金係に前渡ししておく方法のこと。

[受取手形(うけとりてがた)]
商品売買などで、約束手形を受け取った時に用いる勘定科目のこと。商法上、”約束手形”と”為替手形”の2種類があります。

[受取利息(うけとりりそく)]
国債・地方債・社債などの有価証券の利子や、預貯金の利息など、金銭の運用により受取る収益のこと。

[裏書(うらがき)]
受け取った手形を満期日を待たずに、他の支払いにあてるため、証券の裏に必要事項を署名し、他人に譲渡する方法のこと。

[売上(うりあげ)]
会社が一定期間の営業活動中に品物を売ったり、サービスを提供したりして得た代金の総額のこと。

[売上総利益(うりあげそうりえき)]
売上高から売上原価を差し引いた利益のこと(=粗利益)。

[売掛金(うりかけきん)]
商品や製品の販売代金を後日決済するという未回収金(債権)のこと。

簿記の基礎知識;現金勘定

Posted by NOBU | 勘定科目 | 木曜日 11 3月 2010 9:42:19

今回からの簿記の基礎知識は「勘定科目」ごとの説明に入っていきます。これまで学習した簿記の大まかな流れとこれから学習する勘定科目をあわせることによって簿記が完成します。早速ですが、今回ご紹介する勘定科目は商売の要でもある『現金』です。

お金のやり取りが生じた時、現金という資産の勘定科目を使用します。現金は文字通り日常使っている紙幣・硬貨のことですが、簿記では現金以外にもいくつか現金として扱うことになっています。簿記では、以下のものを現金として扱います。

[簿記上の現金]
◆お金(硬貨・紙幣)
◆他人振出小切手
◆送金小切手
◆郵便為替証書
◆配当金領収書
◆外国通貨
◆その他

お金(紙幣・硬貨)以外は、通貨代用証券(つうかだいようしょうけん)といいます。以下に主な通貨代用証券の説明をしておきます。

[小切手]
小切手は「この小切手を持っている人に、書いてある金額を支払ってあげてください」という証券です。小切手帳を銀行から借りて、金額などの必要記入事項を記入して一枚ずつ切り離して相手に渡します。もちろん銀行口座には、支払われる額のお金があることが条件です。

[配当金領収書]
株券を持っていると、配当金というお金をもらうことができます。配当金とは、会社が儲かったのでその利益のいくらかを株主に還元しよう、というものです。実際には現金ではなく、振替支払通知書という領収書が郵送されてきて、それを金融機関にもって行き、現金化するという流れです。

簿記の基礎知識;転記

Posted by NOBU | 簿記の勉強 | 金曜日 12 2月 2010 10:12:36

前々回、前回と簿記の基礎知識として、仕訳帳と総勘定元帳をご紹介しました。簿記の大まかな流れは……

『取引→仕訳→仕訳帳へ記帳→各勘定口座へ転記』

となり、取引が発生する度に上記をワンセットで繰り返し行います。ただし、昨今ではパソコンで管理することが多く、取引を入力すると自動的に各勘定口座に振り分けられるので、転記の作業はあまり意識しなくても大丈夫です。ここでは、転記の考え方を知っておくだけでいいと思います。

[簿記の基礎知識;転記]
取引を仕訳して、仕訳帳に記入したら、次の行程が『転記』になります。その際によくやってしまうミスが、借方貸方を逆に記入、勘定科目を間違える、違う勘定口座に記入などです。転記する際のコツは、取引の「日付」、「相手勘定科目」、「金額」の3つの項目に注意しながら転記することです。

<転記の手順>
(1.)総勘定元帳へ仕訳帳の取引をした月日を、借方・貸方それぞれに記入
(2.)仕訳帳の相手勘定科目を記入(相手勘定科目が複数ある場合は、諸口と記入)
(3.)取引金額を記入
(4.)仕訳帳のページ数を勘定口座の仕丁欄に記入
(5.)最後に、転記が完了した目印として、勘定口座のページ数を仕訳帳に記入

Tフォームで現金勘定の内容を見ると、仕訳の貸方と同じに見えて混乱してしまいそうですが、勘定口座に記載されている勘定科目は、仕訳をした時の相手勘定科目を記入します。後で見た時に、どんな仕訳をしたのか見当がつきやすくなります。

簿記の基礎知識;総勘定元帳

Posted by NOBU | 簿記の基本 | 木曜日 14 1月 2010 9:27:08

前回の「仕訳帳」と並ぶ主要簿の一つである総勘定元帳をご紹介しましょう。
総勘定元帳も起業の全ての取引を記録します。仕訳帳は取引が発生した日付順に記入するのに対して、総勘定元帳は仕訳で要素別に分類された勘定科目を科目ごとに記録していきます。

仕訳帳の場合は取引を仕訳して日付順に書き込めばよかったのですが、その記録だけでは現金が今いくらあるのか、といったことを調べるのに敵していないのです。各ページに散らばっている現金勘定科目だけ抜き出していく作業はかなりの負担となってしまいます。そこで総勘定元帳が必要となるわけです。

総勘定元帳は、まず使用する勘定科目の数だけの勘定口座を用意します。そして仕訳帳から総勘定元帳のそれぞれの勘定口座に転記していきます。総勘定元帳に転記をすることによって、知りたい勘定科目の情報をすぐに確認することが可能になるのです。仕訳帳が取引を時系列で積み上げていくのに対し、総勘定元帳は勘定科目毎に並べ替えるという感じです。内容は同じものですが、並びが違う2つの帳簿、仕訳帳と総勘定元帳ができあがるということになります。

帳というと一冊の本を思い浮かべますが、どちらかというと必要に応じて抜き差しが可能なルーズリーフのようなイメージです。総勘定元帳は勘定口座を一つにまとめて一冊につづったものになります。発生頻度の高い勘定科目は勘定口座を多めに用意しておき、発生頻度の少ない勘定科目には、少ないページを割振ることになります。

簿記の基礎知識;仕訳帳

Posted by NOBU | 簿記の授業 | 木曜日 10 12月 2009 10:01:11

前回ご紹介した簿記の基礎知識、帳簿についての続きです。今回は主要簿の中の一つ「仕訳帳」についてご紹介します。

簿記の仕訳帳は、取引が発生した『日付順』に記入する帳簿ですので、企業の営業活動を一度に全部見渡すことができます。つまり、企業の動きを全て記録するとても重要な帳簿です。尚、現在では取引の記入処理はコンピュータで行われるようになり、仕訳帳を作る必要はほとんどありません。「入金伝票」・「出金伝票」・「振替伝票」の伝票からコンピュータへと入力するだけで、決算書作成まで全自動で処理可能となっています。

しかし、『仕訳』が簿記の基本中の基本であることは変わりません。仕訳帳の記入方法を知っておきましょう。

取引が発生したらまず最初に、仕訳帳へ仕訳を記入することになります。取引を要素に分解して、日付、勘定科目、金額を記入していきます。

(1.)日付欄・・・取引の生じた月日を記入します。
(2.)摘要欄・・・勘定科目を記入します。
(3.)小書き・・・取引の記録内容の簡単な要旨を小書きといいます。摘要欄の仕訳をした次の行に小書きを記入します。
(4.)元丁欄・・・仕訳帳から総勘定元帳の勘定口座に書き移した時(転記といいます)、転記が完了したことを示すために、元帳の勘定科目のページ数または勘定口座の口座番号を記入します。
(5.)金額欄・・・仕訳をした借方勘定科目の金額を借方金額欄に、貸方勘定科目の金額を貸方金額欄に、それぞれ勘定科目を記入した同じ行に記入します。
(6.)区切線・・・次の仕訳との区別をするために、摘要欄に区切線を引いて区分けをします。

次のページ »